読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Make Fantasiality blog

ファンタジー世界をリアルに体験できるものを作っていきたい的なマインドでなんか作ります。

Oculus Rift DK2のスケール感の謎を追求しようとしてあきらめた話

 

この記事は、Oculus Rift Advent Calender 2015の15日目の記事です。

 

約1年ぶりのブログとなってしまいました。それくらい2015年は(も?)VRが熱い1年でした・・

魔女をGearVR化してみたりガジラVRという異形のVRに取り組んだり、
そもそもカヤックでVR部を立ち上げたりと、振り返ればなかなかに激動な1年でした。

 

今回は、常々疑問に思っていた「スケールの違和感」の謎を解こうとしたけど、結局解けずに断念してしまった話を書きます。

Oculus Rift CV1の「スケール感」が優れている(個人的感想)

幸運なことに、私は
Oculus Rift CV1
・HTC Vive
・PS VR
これらのVR HMDをいずれも体験することができました。

いずれも素晴らしいVR体験をもたらしてくれる来年が楽しみになるHMDなのですが、それぞれを体験してみて、特にOculus Rift CV1が素晴らしいと思えました。

そう思った理由の1つに、

Oculus Rift CV1は実世界とVR世界のスケール感が一致して見える

という点があります。


これは、他の人と話していて、あんまり同意を得られた事がないのですが

たとえば、このToyBoxをユーザー視点で記録した映像があります。


この映像を見ると、ユーザーの手の動きとVR上の手の動きがぴたっと一致していてすごいのですが、
この「ぴたっと合う」という感覚は、実際にVRを体験している時にも感じることができます。
touchを持ったまま手を伸ばし、手が自分の視界に入った状態でゴーグルをずらすと全く同じ位置に自分の手がある。

また、巨大なドラゴンや恐竜を見るようなコンテンツも拝見しましたが、DK2の時に比べて「本当に大きい」と感じることができます。

このように、「実世界とVR世界のスケールが完全一致する」という感覚を、唯一Oculus CV1で得ることができました。

ちなみに、PS VRでものすごい評判の「サマーレッスン」をこの前のUnreal Festで遂に体験することができたのですが、まさにこのスケールの違和感によって、そこまで楽しむことができませんでした・・
等身大のはずの金髪のお姉さんが、スーパードルフィーくらいのミニサイズに感じられてしまったのです。

Unityにおけるスケールの決まり

Unityは物理エンジンの設定などの必要性によって、Unityの単位と実世界のスケールの設定が定められています。

「Unity の物理エンジンでは 1 単位が 1 メートルに相当することに注意してください。」

Unity - マニュアル: モデル

UnityではScene上の単位をUnit(ユニット)と呼ぶ。Unitは1メートルと同じ長さ。 1Unit=1メートル

Unity の距離単位 Unit はメートルと同じ | Unitter.net

 

Oculus Riftにおいてもこの設定の通りで動くということなのでしょうか。


DK2を検証してみる

実世界とVR世界のスケールを比較するために、こちらのようなものを用意してみました。

f:id:hrmkt:20151215083002j:plain

ティッシュボックスを2つ用意し、片隅にトラッキングカメラを置きます。

Unity上では、さきほどのスケール設定に従ってティッシュボックスとトラッキングカメラと同寸のCubeを配置します。
そして、トラッキングカメラを親にして「TrackerAnchor

 

」の下に原点配置します。
この状態で、どのように見えるのか確認してみます。

 

サイズの辻褄はあってるように見える。けど・・

こちらが実際に見ている様子です。このようにOculusをかけたりずらしたりして
サイズがずれないかを見てみています。

映像ではレンズがあるせいか、VR側が広がって見えると思いますが
実際には実物とVRのサイズのずれはほぼないです。
そう、こうしてオブジェクトの位置、視界の切れ目を確認する限りはほぼずれはないんです。

ただ、Riftで見た時にCubeがティッシュ箱くらいのサイズがあるか、言われると
いや、そんなにないな・・という感想を抱いてしまいます。

もはや感情論ですが、こうなると「何がスケールの違和感をもたらしているか」がわからない状態になってしまいました。

 

何がスケールの違和感をもたらすのか

IPDの設定が悪い?

Oculus Riftのスケール感について、同じようなテーマの議論が海外の掲示板で見つかったのですが(ウィルス騒ぎが怖いのでリンクは割愛しますが・・)、割と書かれているのが「IPDの設定が悪いのでは?」とのことでした。
なるほど、と思いIntegration Toolで正しくIPDを設定しましたが、結果は変わらずでした。

AレンズとBレンズの違い?

普段から、眼鏡の人も裸眼の人も大丈夫なようにBレンズで設定しているので、もしかしてこれが悪い?と思い変えてみましたが
あまり変化はありませんでした。

レンズの位置と瞳の位置が違うが、カメラの位置が目の位置に合わせてあるため遠くになっている→小さく見えるということでは?

f:id:hrmkt:20151215091306j:plain

AレンズとBレンズでは?と思う前に、まずこの可能性を思いつきました。というのは、思いっきりレンズの位置を近くにした時にスケール感の違和感が軽減されたように感じたからです。(でも、若干まぶた接触するくらいだったので使える設定ではありません)ということは、カメラのデフォルト位置を調整すればいける!?と思ったのですが・・
最近のSDKは頭の中心→目の位置の設定ができなくなってるっぽいんですよね。
以前のSDKはこれの設定できた気がするのですが、いつの間になくなってしまったのか・・
Eye To neck Distanceという設定もOculus Configuration Utilityにアリましたが、こちらの設定を変えても見た目の印象にあまり変化はありませんでした。

有効視野角が狭いから?

f:id:hrmkt:20151215091439j:plain

これはもしかしたらあるかもしれないのですが、いい感じの検証方法が見つかりませんでした。
うちの会社から窓の外の富士山を見た時、窓の遠くから見ると超巨大に感じますが、窓に近づくにつれて小さく見えるようになっていきます。
これは部屋の中の風景と富士山を比較して見てしまうことからくる錯覚だと思いますが、有効視野角が狭い時に、同じような錯覚がおきて見えているものが小さく感じてしまう、ということはあるかもしれません。

 

とりあえずの対症療法

手っ取り早くこの違和感を解決する方法として、見た目の印象にあわせてスケールを変える方法を取ってみました。
「小さいな」と思った時にスケールを調整すると感覚的な違和感はなくなりますが、先述のようにゴーグルをずらして絵的に一致するか見てみると、
明らかに視覚上のサイズとずれてしまっていました。これはいいのか悪いのか・・


結論はわからず・・

このティッシュ箱を長時間見つめ続けていて思ったのは、近くに寄って見ている時はそれほど違和感はないのですが、遠ざかるほどに違和感が増してくるというところでした。
となるとおそらく、サイズうんぬんというよりは歪みの微細な違い、パースの差異によってもたらされるものである可能性が出てきます。
それがレンズの歪みそのものによってもたらされるものだとしたら、アプリ側でなんとかするのはちょっと無理があるかも・・と思います。

なんにせよ、Oculus CV1が手に入ればこの話は解決するのですが。
2015年、このタイミングでしか悩めないことを悩んで1年の締めといたしました。

 

次回はGOROmanさんの「中の人になる方法」です!お楽しみに。

あけましておめでとうございます&最近のLittle Witch Pie Delivery

f:id:hrmkt:20150105224606j:plain

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年後半から末にかけてLittle Witch Pie Deliveryまわりで色々動きがあったのですが、かなりドタバタしてしまっていてまとめられずじまいだったので、本エントリでまとめてみようかと思います。以下時系列順です。

 

続きを読む

VR向きのライブ演出を考える

f:id:hrmkt:20141215184115j:plain

この記事は、Oculus Rift Advent Calender 2014の15日目の記事です。

最初は魔女ネタを書こうと思っていましたが、たまには違うネタもやりたいよね、ということで今回は「VR向きのライブ演出」というのを考えてみました。 

続きを読む

Little Witch Pie Delivery 東京ゲームショウverアップデート解説

Little Witch Pie Deliveryの東京ゲームショウ出展ですが、主に

・DK2の仕様でちゃんと遊べる内容にする必要がある
ゲームショウ出展ということで、並み居る本格インディーゲームと並べても
 受け入れてもらえるくらいの内容にする必要がある

ということを解決する必要がありました。
今回は、実際に実施した改修内容を解説いたします。

まずはプレイ動画を撮ってみたのでご確認ください。

(最近Windowsを導入して、こんな質の高いプレイ動画が撮れるようになりました・・ Windowsがこんなにクリエイターフレンドリーなマシンになってるなんて隔世の感があります)

続きを読む

Oculus魔女ことLittle Witch Pie Deliveryを東京ゲームショウに出展していました

f:id:hrmkt:20140920092722j:plain

前回の記事でお知らせしていましたが、

「ほうきに乗った魔女になれるゲーム」こと
Little Witch Pie Delivery東京ゲームショウに出展していました。

 

続きを読む

Oculus魔女を東京ゲームショウ・インディーゲームコーナーに出展します

f:id:hrmkt:20140909124005j:plain

 

Oculus魔女を東京ゲームショウに出展します。
インディーゲームコーナーの3-C1-14です。

出展社一覧 | 東京ゲームショウ2014

 

今回、TGS出展ということで大幅にバージョンアップさせています(現在鋭意制作中・・)
ステージも上記画像のように一新。また、DK2でほうきプレイしやすいように、移動にリミッターをかけるなど色々と新しい試みを入れております。

展示日は、一般観覧の9/20、9/21です。
お時間ある方はぜひお越しくださいませ。

魔女の受付展示が終了します

前回の記事で紹介しましたKAYAC受付の魔女展示ですが、今週の金曜日(7/4)をもって一旦終了します。
理由は、社内Oculusリソースの枯渇です!(爆)あまりOculusの数がなかったもので。

DK2はもうすぐ発送との噂なので、在庫復活したらまた展示させてもらおうかなと思っています。

 

期間中お楽しみいただいた方、ありがとうございました。